「セックスにおける価値観が、少しずつ変わっていきそうです」Aコースご利用 まなさん 28歳 【ご利用者様のご感想】


*2023年度末より、「体験者」および「受講生」を「ご利用者」、「体験談」および「中イキ講座・受講者のご感想」を「ご利用者様のご感想」へと、それぞれ名称変更いたしました。

*2022年度8月以降は、コース別制度の導入に伴い、原則として、Aコースご利用者様のご感想のみの掲載となります。

*Bコースご利用者様については、「ケンタロウの施術報告」という形で、施術内容をシェアさせていただきます。

 
ご利用者様:まな 年齢:28歳 職業:接客業 パートナー:あり

ご利用の動機:えっちをもっと楽しんで、女性としての自分に自信を持ちたい。

まなさんのご感想

ケンタロウからのコメント

今回、Aコースでご利用いただいた、まなさんは、女性風俗のまとめサイトをご覧になって、「中好き!」のことをお知りになったそうです。

「HPをみてとても誠実そうで、楽しい時間を過ごせそうと思い、応募させていただきました」とのことでしたが、楽しい施術を心掛けてはいますが、誠実かどうかは怪しいところです(笑)

そんな、まなさんの現在のお悩みは、パートナーとのエッチに関すること。

「わたし自身、えっちなことが大好きなのですが、現在のパートナーはそれほど性欲がないのと、前戯もせずいきなり挿入するので、気持ちも盛り上がらず、あんまり楽しめていない現状です。。。」

さらには、「時折、彼よりも性欲がある自分が恥ずかしくなったり、女としての魅力がないのかなと思ってしまうこともあります」と、お申し込みフォームには記されていました。

このメッセージに対して、僕からは、次のように返答させていただきました。

彼氏さんよりも性欲があることを、恥ずかしく思ってしまうこと自体は仕方のないことですが、「恥ずかしい」ではなく「恥じらい」に転換して、決してご自身を否定しないであげてくださいね。心身が健康な女性であれば性欲を持つことは当たり前のことですし、そもそも女性の性的快楽のメカニズムは、射精すればそれで終わりの男性に比べてはるかに複雑、精妙かつ気持ちの良いものですので、女性がえっちなことが大好きなのは当然なのです。

「性欲の強い女ははしたない」という考え方は、えっちを楽しむことにおいて、決して女性にかなうことのない男性のやっかみから生まれたものだと思って間違いないです。ですから、「恥ずかしく思う」のではなく、それはそうした男性の幻想に付き合ってあげるための「恥じらい」なのだと考えて、最初だけちょっと恥ずかしがってあげて(笑)、後はご自身の本能の赴くままにエッチを楽しめば良いと思いますよ

僕自身にとっては、女性がえっちで乱れる姿はとても魅力的ですし、イキまくった後の表情は、女性が見せてくれる表情の中では最高に可愛らしいものだと思っています。

ちょっと長い引用になりましたが、私見が入ってはいるものの、割と普遍的なことを述べたつもりです。まなさんと同じように、「性欲が強すぎて、彼氏に引かれるんじゃないか?」とお考えの女性は少なくないのではないかと思いますが、僕のように女性が快楽に心と身体をゆだねる姿に、美しさや神々しさを見出す男性も必ずいるはずです。

さて、施術当日は、それまで連日続いていた夏日が嘘のように、ひんやりとした空気がさわやかな気候でした。むしろ、ちょっと肌寒いくらいです。いつもは、待ち合わせ場所の少し前には到着するように心掛けているのですが、この日は乗車していた電車が遅延したこともあって、ギリギリの到着。そこには、ワンピース姿のまなさんが、すでに立っておられました。

僕も慌てていたので、背後からお声がけしてしまい、少し驚かせてしまいましたが、振り返るとそこには、笑顔がまぶしい美人さんの姿が。ご挨拶もそこそこに、最終意思確認を行ったところ、無事OKをいただけたので、施術場所となるホテルへと向かいました。

部屋にチェックインし、手洗い等を済ませた後、改めてご挨拶をさせていただきいてから、カウンセリングを行いました。

お話を伺う中で分かってきたのは、どうやら、まなさんは、中イキはすでに経験済みであろうということ。ただ、「あれって、本当に中イキだったんだろうか?」という感じで、自覚を得られなかったようです。そのため、施術では、(可能であれば)連続イキを通じて、はっきりとした中イキの感覚を得ていただくという目標を定めました。

一通りカウンセリングが終わったので、ご質問を募ると、催眠についてのお尋ねがありました。事前のメールでのやり取りでもお書きになられていましたが、まなさん、かなり催眠にもご興味をお持ちの様です。そこで、催眠についての説明をさせていただき、その流れから「レクチャー」を行いました。レクチャーをお聞きになった、まなさんからは、「ああ、じゃあ、私はやっぱり中でイクことができてたかも知れません」というお言葉をいただきました。

レクチャーでは、女性のオーガズムのメカニズムについて、できるだけ分かりやすい説明を試みるのですが、その目的は、ただでさえ得られにくい中イキの自覚を得やすくすることにあります。

レクチャーからの流れで、催眠体験を行います。まなさんの被験性はとても良く、感情支配まで問題なく、スムーズに入っていかれました。そこで、性的興奮を高めるために、軽くエッチな催眠も施してみました。こちらへの反応も上々で、その先の記憶支配や幻覚域まで挑戦しようとも考えましたが、時間のことも考えて、今回は無理をせず、「リラクゼーション催眠」へと移行し、この後の中イキ開発に備えることにしました。

身体を温めるために一緒に入浴して、ローション・プレイ等を楽しんでいただき、お風呂を出た後は、チョコレートタイムを行いました。

「ケンさん、これ一緒に食べましょう」と、まなさんが取り出したのが・・・

JPH(ジャン=ポール・エヴァン)のトリュフじゃ~~!!!

実は僕、JPHのショコラの中では、トリュフが一番美味しいと思っています。一つお裾分けしていただいたら、まなさんは、「残りは、ケンさんが食べてください。それから、これも」と、トリュフと一緒に新宿高野のフルーツサブレを手渡してくださいました。まなさん、お気遣いが凄すぎます!

フルーツサブレは、後程、自宅でのおやつの時間にいただきましたが、流石は高野。フルーツの果汁の風味がとても良く、形も可愛くて、何といっても美味しいです!

さて、お土産の話ばかりしていてもいけませんので、レポートの方に戻ります。チョコレートタイムの後は、いよいよ中イキ開発に入りますが、まずはパウダーマッサージから始めます。

まなさんは、ゆっくり、じわじわと高まって来る快感を、じっくりと味わっているような反応を示されました。普段、彼氏さんとのセックスでは、前戯がほとんどないとのことでしたので、そうした感じになったのかも知れません。最初はため息交じりの粗目の呼吸から始まり、胸への愛撫を行う頃には、はっきりとした快感の反応を示されていました。

それにしても、まなさんのお身体は、とても美しいだけではなく、掌に吸い付くような肌触りが素晴らしい! 触れさせていただいているだけで、こちらの興奮も高まります。

胸の愛撫では、スペンス乳腺尾部の開発を行い、こちらも無事成功。そこから、乳首を刺激していた時に、急に、まなさんが高まり、「あ、イっちゃいそう」という声が漏れた途端、下半身がビクビクと痙攣し、達してしまわれました。

これを皮切りに、まなさんの連続イキがスタートしました。体外式ポルチオから、クンニリングス、膣内マッサージ、セックスと、何をしても激しくオーガズムに達せられます。

まなさんは、イクと下半身はもちろん、上半身にも細かい痙攣が起こります。つまり、全身でイかれるのです。本当に、気持ち良さそうです。

一回戦が終わり、少し休憩した後、体力的に大丈夫かどうかを確認してから、事前にご希望のあった拘束プレイを試してみました。両手両足に枷を着け、最初は両手をつなげて頭上に上げさせた状態で、再び、スペンス乳腺尾部と乳首を責めます。ここで、ウーマナイザーを取り出し、さらに乳首責めを行います。この時点で、まなさんは、何度も到達されています。

次に、右手右足、左手左足をつなげ、両足を大きく開かせた状態で拘束し、羞恥プレイを行ってから目隠しをして、クンニからの膣内マッサージ。最後は、ウーマナイザーでクリ刺激を入れながら膣内の性感スポットを刺激して、さらなる連続イキを誘発しました。

枷を外すと、まなさんから求めてこられて、そのまま2回戦へ。何種類かの体位変更から、最後は寝バックでフィニッシュしました。イキまくって、ポ~っとなったまなさんの表情が、とても可愛らしかったです。

しばらくの休憩の後、身支度を整え、軽く質疑応答を行ってから、ホテルをチェックアウトしました。最寄り駅まで送らせていただく間、二人の共通点の「ある話題」(身バレになるので秘密にしておきます)で盛り上がりました。今日は、この話題のおかげで、まなさんとの距離がグッと縮まったことには間違いありません。ありがとう、〇〇〇〇〇!(笑)

お別れの際に、「今度は、ちょっと縛られてみたいかもです」とおっしゃっていただけたので、機会があれば、またお会いできることもあるかも知れません。

まなさん、楽しくて素敵な時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。セックスの価値観を少しでも変えるお手伝いができたのであれば、本当に良かったです。お土産もありがとうございました。

*ご感想はご本人の許可を得て、メールから転載させていただいております。プライバシー保護のために、必要に応じて修正加筆を行っている箇所もあります。

* 他のご感想をお読みになりたい方は、こちらからどうぞ →「ご利用者様リスト」

* 中イキ・セラピーにご興味のある方は、「お申し込みフォーム」からご応募ください。

* 記事が気に入ったら、下のSNSボタンを「ポチッと」押してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする