「ケンタロウさんからはたくさんの贈り物をいただきました」 紀香さん 22歳(リピート受講 ①)【中イキ講座・受講者のご感想】


*2021年度より、「体験」を「中イキ講座」、「体験者」を「受講者」、「体験談」を「中イキ講座・受講者のご感想」へと、それぞれ名称変更いたしました。
 
受講者:紀香さん 年齢:22歳 職業:看護師 パートナー:なし

受講の動機:何をやってもイケないことに悩んで。

22歳の看護師さん、紀香さんのリピート受講のご感想になります(初回のご感想は、こちらから、お読みいただけます)

 前回の講座が終わった翌日リピートをお願いしました。ケンタロウさんからは「焦らずにもう少し体と心の状態を確認して、それでも受けたいと思ったら連絡をください」とお返事をいただいたので、数日間様子を見て自分の気持ちを確かめました。それでも受けてみたいという思いに変わりはなかったのでメールを送ったところ、受けさせていただくことになりました。

 またカウンセリングをしていただいたのですが、前に感じた元カレとのエッチが自分がイケない原因になっているという予感は当たっている気がしました。ケンタロウさんはその辺りがブロックになる可能性があるから、気を付けて進めると言ってくれました。

 前回やれなかったレクチャーを教えていただきましたが、医学的にも納得が行く部分が多くて大変興味深かったです。催眠の方は、元カレとのことがあって精神のコントロールを他人に委ねるところが少し怖く感じたので、今回はパスしました。

 お風呂では初めてのローション体験をして、気持ち良さにポーっとなってしまいました。ケンタロウさんが「前の時にシャワー浴びててエッチな気持ちになっちゃったんだって?」と言葉責め(?)をしてくださいましたが、それで凄く興奮してしまいました。

 性感マッサージは、パウダーでさわさわされるのが気持ち良過ぎて思わず声を出してしまいました。ケンタロウさんがスタイルをたくさん褒めてくださったのが、恥ずかしいけど嬉しかったです。あと、乳首とスペンス乳腺のマッサージでめちゃくちゃ感じてしまって「あれ、これってイクってこと?」って感じに一瞬なりました。

 その後も敏感なところをたくさん触っていただいて、指で中をいじられたときには頭の中が真っ白になって自分がイケたことが分かりました。セックスでもイクことが出来ましたが、指の時の方が気持ち良かった気がします。

 その時思ったのが、私はイクという感覚を実は知っていたのだということです。元カレとのエッチでも最初の頃普通にしていた時には、似たような感覚を得られていました。でも、その彼が変なエッチを強要するようになってきた頃から、私は感じられなくなったというか感じることを止めてしまった気がします。

 もちろんケンタロウさんにしていただいた方が元カレの時よりもずっと気持ち良かったのですが、昔から自分はイクことが出来ていたのだと知って何だかホッとしている自分がいました。

 あと、当たり前ですが自分はやっぱり男の人に優しくエッチしてもらうのが大好きだということが改めて分かりました。ケンタロウさんが本当に優しく「痛くない?」って声をかけながらしてくださったので、安心して身を任すことが出来ました。

 前回のカウンセリングと今回の開発と、ケンタロウさんからはたくさんの贈り物をいただきました。本当に感謝してもしきれないです。ケンタロウさんとの出会いで人生が変わりました。ありがとうございました。また機会があれば是非お願いしたいです!

ケンタロウからのコメント(リピート受講1回目)

ご感想にもあるとおり、紀香さんからは、前回の講座の翌日に、リピートのご依頼をお受けしました。大変光栄なことではございましたが、カウンセリングで一定の効果が出たことで、気分も高揚されていたと思いますし、ここは一度心身を落ち着かせてから、改めて受講についてお考えいただきたいということで、少しご様子を見ていただくことを、ご提案いたしました。

その三日後に、「週末を跨いで色々と考えてみましたが、私の意志は変わりませんので、もし可能であればリピートさせてください」とお返事をいただきましたので、その場で再度お会いすることが決まりました。

お互いのスケジュールの都合で、実際にお会いしたのは、少し先になってしまいましたが、前回と同じ待ち合わせ場所で合流し、ホテルへと向かいます。

準備を整えた後、カウンセリングを兼ねて、前回の振り返りを行いました。あの場で感じたこと、その後、時間の経過とともに思ったこと等々、気が付けば1時間以上お話をお伺いすることになりました。

僕の印象としては、「かなり、お気持ちは整理されつつあるな」とういうものでした。ですが、元カレさんとのエッチのトラウマが、完全には解消しきれていない可能性もございましたので、この辺りは、開発の施術の中で気を付ける必要があると感じました。

カウンセリングの後は、前回、お時間が無くてできなかった「レクチャー」をお受けいただきました。紀香さんは、「お話を聞いて、中イキすることのプレッシャーがかなり軽減されました」と、おっしゃってくださいました。

紀香さんのご感想にあるとおり、この日は、催眠誘導は行わず、すぐに入浴することにしました。ローションを用いたプレイで、軽く遊んでみましたが、後でお伺いしたところ、ここで性的興奮のスイッチが完全に入ったとのことでした。

本来であれば、このタイミングで、チョコレートタイムを挟むのですが、僕も、紀香さんの興奮を感じ取れていたので、あえて、すぐに性感マッサージへと進むことにしました。全身にパウダーマッサージを施し、リラックスを促しながら、同時に、性感を高めていきます。

紀香さんの反応は上々で、特に、背中と両脚のマッサージでは、強い反応が見られました。ですが、ご本人もお書きになられているように、乳首とスペンス乳腺尾部への刺激では、大きな声を上げながら、全身を痙攣させ、何度も達することができたご様子でした。

ここから、クンニリングスと膣内マッサージ、そして、セックスでの中イキ開発へと進んでいったのですが、紀香さんのお身体の反応や表情を見ながら、時間をかけて慎重に行うことを意識しました。もちろん、トラウマのフラッシュバックへの対応だったのですが、幸いなことに、紀香さんは、何の問題もなく、それぞれの箇所で連続イキを達成されました。

中でも、膣内マッサージでのポルチオ・イキは、ご本人にとっても驚きの体験だったようです。

普段の僕は、指先で直接ポルチオを刺激することは、ほとんどいたしません。なぜなら、ポルチオ(子宮頚部)は、とても傷つきやすい器官で、念入りに爪やすりをかけた僕の指先でも、触れ具合や強さによっては、簡単に出血が起こってしまいます。

ところが、この日の紀香さんは、クンニで連続してイった後だったからか、膣内マッサージを始めてすぐに、ポルチオが下の方に降りてきて、指の腹に先端が触れる状態だったのです。僕は、指先で膣壁の奥を振動させていたのですが、同時に、指の腹でポルチオに絶妙な振動が入ったらしく、紀香さんは、文字通り、絶叫をしながら、連続イキのエクスタシー状態に入ってしまわれました。

「もっとください、もっと、もっと・・・あ、イクっ!」と声を上げながら、身体をのけ反らせてオーガズムに達する紀香さんは、とてもセクシーでした。とは言え、後でお聞きしたところ、この辺りの記憶がほとんど吹っ飛んでいて無かったとのことです(笑)

フィニッシュの後は、少し休憩をしてから、紀香さんご持参のチョコを、コーヒーと一緒にいただきました。何と、今回は、紀香さんの地元の和菓子屋さんが作った生チョコをご馳走になりました。丁度、前日まで帰省をされていたということで、珍しいチョコをお持ちいただいたのですが、身バレ防止の観点から、メーカー名は公表しないでおきます。味は、もう最高でした!

その後は、再び、ベッドに寝ころんで、1時間近く、色々なお話をさせていただきました。その中で、元カレさんのことについては、「もう、完全に吹っ切れた感じがしています」という、心強いお言葉をいただきました。ただ、「セックスの中でもっと気持ち良くなりたい」という思いを改めて持ったとのことですので、今後も、自分でできる努力は続けるとともに、また機会があればリピートもしてみたいというご要望もいただきました(もちろん、大歓迎です!)

シャワーの前に、ご感想用のお写真を撮らせていただいたのですが、ネイルの部分は、個人が特定されないようにぼかしを入れておきました。

身支度を整え、ホテルを出た後、前回同様、スタバでコーヒーをご馳走になりました。そこでも小一時間程お話をしてから、最寄り駅でお別れしました。

その直後、紀香さんからメールが届き、そこには、ご丁寧なお礼のお言葉とともに、「オーガズムに精神面がこんなにも影響を与えることに、本当に驚きを感じました」と書かれてありました。本当に、その通りだと思いますし、だからこそ、セックスの質というものが人生を変えてしまうこともあり得るのだと、改めて感じ入りました。

紀香さん、今日も学びの多い時間を、どうもありがとうございました。

*ご感想はご本人の許可を得て、メールから転載させていただいております。プライバシー保護のために、必要に応じて修正加筆を行っている箇所もあります。

* 他のご感想をお読みになりたい方は、こちらからどうぞ →「受講者リスト」

* 中イキ講座にご興味のある方は、「受講お申し込みフォーム」からご応募ください。

* 記事が気に入ったら、下のSNSボタンを「ポチッと」押してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする