Think! Think!! Think!!!

ときどき、ふと我に返ることがあって、そのときに思うことがあります。

それは、「自分は一日の中で結構な時間を、女性の中イキ開発について考えているなぁ」ということです(笑)

これまでの体験でできたこと、逆にできなかったことを振り返り、「これは良かった、でも、もう少しこうできなんじゃなかったか?」、「あのとき、期待していた反応が起こらなかったのは、自分にこういう至らない点があったからじゃないのか?」と考える、それは僕にとってすでに日課ともいえるものになっています。

ビジネスパートナーとのパワーランチの最中、真昼間の高級ホテルのレストランのテーブルで笑顔を振りまきながら、頭の中では、昨日、体験を受けてくれた女性のポルチオの位置を思い出し、「もう少し違う角度で指の刺激を入れていたら、もっと感じてもらえたかも知れない」とか考えているのです。まぁ、変態ですよね(笑)

性欲に満ち溢れていた10~20代の頃、僕は常に女性と女性とのセックスについて考えていました。ですが、その頃と今では、まったく感覚が異なります。

若い頃の僕は、いかに魅力的な女性とセックスをするかということしか考えていませんでした。ですが、今の僕は、女性とのセックスを通じて、もっと大きくて深い「性」を見つめることが楽しくて仕方ありません。

僕にとって、女性は神秘の存在です。でも、それは「宇宙」というよりは、「海」のような存在なのです。

海洋開発が、宇宙開発よりも難しいということは、よく知られていることです。現在でも、海洋の95%は、技術的に探索が不可能な未知の世界だからです。

でも、宇宙と違って、海はいつでも見ることも、触れることもできます。それなのに、そこには底知れぬ深みを感じ取ることができる。それが、僕にとっての海 = 女「性」です。

「母なる海」とはよくぞ例えたものだと思います。あなたも、女性であるご自身の母性や性欲の深さ、強さに、計り知れない「力」を感じて、戸惑われたこともあるのではないでしょうか?

そんな広大な海に浮かぶ小さな探査船、それが僕です。ブログではいつも偉そうな態度をとっていますが、実際は女性を崇拝し、敬愛しています。

だからこそ、僕は、中イキ開発を通じて、女性の「力」を実感したいのだと思います。男性では決して得ることのできない「絶頂」の瞬間を見届けて、「女の人、やっぱスゲー!!!」と感動するために、これからもどうしたらあなたに気持ち良くなっていただけるのかを、考えて!、考えて!!、考え抜きたいと思います!!!

・・・はい、まぁ、要は、僕は変態だということです(笑)

2019年1月15日 追記

* 体験談をお読みになりたい方は、こちらへどうぞ →「体験者リスト」

* 体験にご興味のある方は、「体験お申し込みフォーム」からご応募ください。

* 記事が気に入ったら、下のSNSボタンを「ポチッと」押してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする