中イキするためには、これを食べなさい ① 【保存版】

体験を受けられた女性から、「中イキをするために、何か食べておいたらいい物とかってありますか?」という質問を受けました。

その場では、答えが思いつかなかったので、「宿題にします!(笑)」と持ち帰って、色々調べてみました。

すると、出てきましたよ、女性の中イキ達成に、効果があるとされる食べ物が!

中イキ達成に効果があるとされる食べ物

まずは、豆腐、厚揚げ、納豆、おから、味噌等の、大豆由来の食べもの。それから、ザクロに山芋。アボカド、アーモンド、モロヘイヤ、バナナ、ニンニク、しょうが、唐辛子、アスパラガス、チョコレートと、美味しそうで健康に良さそうな食材がずらり。

この中で、大豆由来の食べ物と、ザクロ、山芋、アボカド、アーモンド、モロヘイヤ、バナナ、ニンニクについては、女性ホルモンの一種である、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌を促してくれる効果があるようです。

大豆由来の食べ物とザクロや山芋には、「大豆イソフラボン」のような、植物性エストロゲンが含まれています。そして、アボカド、アーモンド、モロヘイヤ、バナナ、ニンニクからは、「ビタミンE(特にビタミンE6)」を摂取できます。これらの食品は、エストロゲンを自然に増やしてくれるといわれています。

エストロゲンは、妊娠や、「女性らしさ」に深く関連する作用があります。例えば、精子が子宮の中に入りやすくする為の粘膜の分泌を促したり、受精卵が着床しやすくなるように、子宮内膜を厚くしてくれます。また、バストやヒップの発達を促して、丸みを帯びた女性らしい身体を作ってくれます。

「美人ホルモン」の別名を持つエストロゲンは、美髪や美肌効果も生み出しますが、精神にも大きく影響して、女性特有の優しさや、優雅さも生み出してくれるといわれています。

エストロゲンと中イキの関係はあるの?

では、この女「性」に多大なる影響を与えるエストロゲンを増やすことで、中イキに何らかの良い影響はあるのでしょうか?

実際、「セックスでもっと感じるために、大豆イソフラボンやビタミンEを積極的に摂取しましょう!」と提唱するサイトやブログ記事もあります。

ですが、結論からいうと、エストロゲンと中イキのと関係は、ほとんどないといっても良いでしょう。

実は、セックスで女性が絶頂に達すると、エストロゲンの分泌が増えます。「セックスで綺麗になる」のはこのためだといわれています。そこから、エストロゲンを増やすことが中イキの開発に何らかの効果を生み出してくれるのではないかという、期待を込めた説が生まれてきたのではないでしょうか。卵が先か? 鶏が先か? ということですね。

実際は、エストロゲン分泌の増加が、直接的に中イキを促すということはありませんし、逆に、サプリメント等に頼って、エストロゲンを過剰摂取してしまうと、子宮や乳腺といった部分に、婦人科系の病気が起こりやすくなるという話もあり、そちらの方が心配です。

以上のことから、「中イキするための食事」を、女性ホルモンの観点から考えることは、あまり意味のないことが分かります。もちろん、ホルモンの影響で、性器の血流が良くなり、膣が濡れやすくなるなどの効果は期待できますが、それも限定的です。むしろ、もっとシンプルに、女性の性欲を高めるような食べ物を探した方が良いと思います。

そこで、次回の記事では、「媚薬効果」を自然に得ることのできる食べ物を、いくつか紹介しようと思います。

* ご感想をお読みになりたい方は、こちらへどうぞ →「ご利用者様リスト」

* セラピーにご興味のある方は、「お申し込みフォーム」からご応募ください。

* 記事が気に入ったら、下のSNSボタンを「ポチッと」押してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする